お遍路43日目終了

b0204566_1540351.jpg

b0204566_1540323.jpg

道の駅小田の郷せせらぎの川音がウルサく朝方二時間程しか寝れなかった。

太麺の手打ちうどんで朝食を取り、8時スタート、直後から登り坂、つづら折りの登り坂を3時間10km登り切った所で 昼食、内子町露峰休憩所で梅干しの炊き込み飯の弁当を食べる。

上黒岩岩陰遺跡と云う縄文時代に12000〜8000年前に生活していた住居跡の遺跡があった。中は9層に成っておりかなりの人数が暮らしていた様だ。当時は狩猟生活で弥生時代に成り米作が始まり此処を去り平地に移り住んだとの事でした。
余りにも赤色が見事な花が庭先に咲いていたので写し取った。

栗林の猪除けのロープを張っていたおばあちゃん82才に励まされ又家の前の落ち葉を集めていたおばあちゃんに栄養ドリンクのお接待を頂き感謝、感謝。

今日の行程35km内10km の急坂で後は25km平道、第45番札所岩屋寺に16:30到着、コース的に45番札所を先の方が自分としては無駄が無いと判断、44番札所を明日朝とした。

岩屋寺の参道 急坂1km30分 本堂の後ろが崖の岩山、かって女の仙人が岩壁の穴に住み修行に励んだ。そして大往生を遂げた。 その岩壁の穴に弘法大師が木と石で不動明王を刻み奉り、木像を本堂に安置し札所としたとの事。

急坂の参道を登って来ると独特の雰囲気で岩壁の凄さに圧倒される。

今夜の野営地は国民宿舎 古岩屋荘の前の東屋、テント設営後古岩屋荘の温泉350円に入れて貰う。本当に温泉は疲れが取れる。 35kmの疲労が溶けていった。夕食は食堂で親子丼で済ます。

今夜は静かで少し冷え込む様だ。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-10-13 15:40 | 四国お遍路  

<< お遍路44日目終了 お遍路42日目終了 >>