八戸市南郷ジャズフェスティバル

b0204566_11282581.jpg

b0204566_11282584.jpg

b0204566_11282530.jpg

b0204566_11282524.jpg

b0204566_11282519.jpg

28日9:00本部スタッフに休みの挨拶をしてスタート。

45号線を北上、被災地を通りながら、瓦礫撤去が済んで居ない地域がまだまだ多い所が目に付く。

15:00に南郷町入り口の看板に迎えられる。

福田温泉癒楽家福千に到着。

静かな林の中の一軒宿で四泊五日の自分に取っては珍しい温泉宿での宿泊だ。

29日は18:00から前夜祭が野外ステージで行われるので、明日の席取りも兼ね昼前に会場に行くと、既に一組シートが置かれ一番乗りを取られていた。

霧雨の中舞台設営、その後リハーサルと舞台裏を見るのも楽しい。

18:00中沢中学校ジャズバンド部の演奏からスタート。

指導者の力か生徒達の努力か、一昨年聞いた時よりも音が出て居る感じがする。

HJQ+2と云う地元選出のバンドの出演と続き、本祭出演者のスペシャルセッション。

何時もの通り熱い盛り上がりで、明日への期待が膨れる。

南郷ジャズ仲間の丸屋さんのお母さんが急病で入院したとの事で、来れないとメールが入る。

食堂風来坊が店名が変わっており、ジャズの館のマリヤさんも辞めたとかで居らず、会いたい人達に会えず残念だ。

30日ジャズフェス本番の日、気持ちを高ぶらさせながら、宿を10:30に出る

席取り場所に着くと、10組程が並んでいた。

丸屋さんからチケットも届き、ジャズフェス仲間も集まり、丸屋さん仲間のテンガロンハット三人組も到着、其れだけで盛り上がる。

12:00開場14:00開演予定が13:30には前座の中沢中学校ジャズバンド部の演奏スタートした。

天気も薄日の差す絶好のフェス日和、地元の人達の手作り屋台村も大賑わい。

地元食材にアルコールが入りジャズ満喫モード。

類家心平、寺久保エレナ、平賀マリカ、5Cats&Woong San、FRIED PRlDE、日野てるまさ、MJQと云う豪華出演者で、22回と成るフェスの中で初と成るロックフェスの様な全員総立ちのシィーンも有り、ほぼ3000人の入場者が完全にジャズ満喫状態で熱気に溢れた。

ラスト演奏のMJQのアンコールコールに応えて、日野てるまさ、平賀マリカ、FRIED PRIDE、の人達が加わりジャムセッション、曲目は(ルート66)会場総立ちの盛り上がりで21:00終演と成る。

期待以上のジャズフェスと成り、出演者サイン入りTシャツ10枚限定抽選に当たり、貴重品ゲット、大震災支援金付で一万円支払う。

思い出深いフェスティバルと成った。

31日を八戸三社大祭の山車を見せて貰う積もりだ。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-31 11:28 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

<< 八戸市南郷ジャズフェスティバル 三重県災害災害ボランティア山田... >>