第27日目

b0204566_21144231.jpg

b0204566_21144268.jpg

b0204566_21144277.jpg

b0204566_21144252.jpg

b0204566_21144294.jpg

恒例の朝のウォーキング中お寺の道路に面した駐車場で亀が首を引っ込めて固まっていた。
このままでは曳かれてしまうと思い、直ぐ横の川の縁にどかして挙げると、少しして水の中に潜って見えなくなった。
何時の日にか竜宮城に迎えに来て呉れるかな?
出雲大社に行くのに電車にした。
雲州平田駅から出雲大社前駅迄30分 510円、
神門通りを歩き勢溜の大鳥居(二の鳥居)が迎える。
祓社にお参りして大国主大神の御意に頂ける様願い、松の参道鳥居(三の鳥居)の通りが閉ざされており横を歩き手水舎で清めて、銅鳥居(四の鳥居)をくぐり漸く太い注連縄の拝殿、二礼四拍手一礼の作法に則り、俊介の良きご縁が授かります事とこの旅での良きご縁を願い参拝を済ます。
縁結びの糸を求めジャンパーに結ぶ。しあわせの鈴を求め愛車に結ぶ。
県立古代出雲歴史博物館に入り大社の歴史から出雲国の風土記、国宝の銅鐸や銅剣、特別展の出雲藍板締・京紅板締を見る。現在では幻の染色技術と成り、版木を使い藍染めにしたり、山形の紅花を使い絹生地を染めたり、その版木のデザイナーと彫り師の技術が素晴らしい。
それらの職人さんが現存して居ないのが残念だ。
結局この博物館に4時間余りの時間を使った。
温泉に入る積もりを止め、コインランドリーで汚れ物を洗いキャンプで夕餉。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2014-06-16 21:14 | 四国お遍路  

<< 第28日目 第26日目 >>