第41日目

b0204566_22444247.jpg

b0204566_22444219.jpg

b0204566_2244425.jpg

b0204566_22444280.jpg

b0204566_22444256.jpg

今日は宮島で一日過ごそうと、潮汐を調べると、干潮が5時40分、満潮が11時00との事なので新井口駅の一番電車6時05分に乗り一路宮島へ……!
フェリーを乗り継ぎ厳島神社に30分程でとおちゃこ。
干潮を過ぎてはいたが砂に立つ大鳥居であった。
社台の土台柱も基礎迄見えていた。
大鳥居は砂に埋まって居るのでは無く、石を埋めて基礎を作り上げその上に自立して居るそうで、鳥居の屋根下の箱構造に川石を詰めて重しにして居るとかで、8代目と成る大鳥居は楠木500年〜600年位の大木を使って居るそうだが、今や偶に有っても天然記念物や神木に成っており、調達出来ず今後来るべき建て替えの時、適樹木が見つかるかどうか? と厳島神社の社員の方が話て居られた。
土台柱の海水に浸かる部分は継の技術で腐れたらその部分を取り替え易い様に継いで居た。
丁度結婚式を挙げて居たので少しの間見せて頂いた。
雅楽の生演奏の中厳かに華やかに執り行われて居た。10万円の式だそうだ。
潮の戻りが早く見る間に砂浜どころか土台柱も僅かの時間で隠れてしまった。干潮から満潮迄の厳島神社の姿を見れた事はとても感動的で、チョイ見では味わえない美しさが有った。
パンフレットで見た牡蠣屋のオイル漬けを食べたくて、店を探して支店の牡蠣祝に入る。
ガラス皿に牡蠣の薫製オイル漬け2つと白髭ネギ、花キャベツがちょこっと添えられ、白ワインのグラスと共に食す。
牡蠣のなんと美味の事か、これが本当の牡蠣の味だと云うのが分かった。
牡蠣800円、ワイン900円、ワインも芳醇で牡蠣にとても良く合い、満足の昼餉と成った。
平 清盛が神の島と崇めた宮島の主峰 弥山(みさん)のトレッキングに挑戦、紅葉谷コース1,5時間、大聖院コース2時間、大元コース2時間の3コースが有り、登り大聖院コース、下り紅葉谷コースを選択、石段の多い急峻を大汗掻いて1時間40分で登り切る。
巨石信仰か判らないが巨石の多い山で、特に山頂付近に大きくて角の立って居ない丸みを帯びた巨石がゴロゴロ、島の出来方にも興味が有ったが地殻変動で隆起程度の推察で詳しくは判らずじまい。
タップリと丸一日中宮島で遊ばして頂いた。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2014-06-30 22:44 | 四国お遍路  

<< 第42日目 第40日目 >>