第42日目

b0204566_213212100.jpg

b0204566_21321225.jpg

b0204566_21321236.jpg

b0204566_21321211.jpg

b0204566_21321240.jpg

今日は岩国の錦帯橋に行くのに7時に出る。
JR岩国駅から市営バスで錦帯橋バス停留所に着くと、目前に錦川に掛かる岩国のシンボル錦帯橋が存在感の有る美しさで、五連のアーチ橋が目に飛び込んで来た。
やっと来た!ようやく来た!と云う感じで感動する。
中国杭州西湖を紹介した「西湖遊覧志」を見てヒントを得た岩国藩主吉川広嘉が1673年に完成させたとか!
昭和25年のキジア台風で流失、地元の古老によると上流に有るダムの管理人が決壊を恐れて、放流のタイミングを違えて放流してしまった為、下流の水量が一気に増し、錦帯橋の橋桁迄水が被り橋脚下部の基礎石が崩れ橋が流失したとの話を聞かせてくれた。
公にはされて居ないとかでの話。
その再建に岩国の人達の熱く強い気持ちが通り、昭和28年創建当時のまま、木造で橋脚は基礎駆体共鉄筋コンクリートで再建された。
その後平成16年に架け替えを行い、この後4〜50年後に成るであろう架け替えに材料が揃うか心配して居るとの話も有った。
国宝にとか、世界遺産にとか運動して居る人達が頑張って居る様だ。
岩国の天然記念物『白蛇』を見に行く。
アオダイショウが色素細胞の無い変異で、世界でも岩国にだけ生息して居るとかで、岩国市内に数ヶ所有る観覧所に合わせて1000匹ほど飼育されて居るそうだ。赤ちゃんの白蛇が一匹小さなプラスチックケースの中で動いて居た。
幸運の守り神として大切にされ、行かなかったが『岩国白蛇神社』も作られ大切に守られて居る。
岩国市北部に有る温泉に行きたかったが、錦帯橋で時間を使い過ぎた為、近くの錦帯橋温泉 岩国際観光ホテルに行く。
入湯料がなんと1700円、そんな温泉入った事が無い。
それでも此処しか無いので入ると、冷泉の沸かし湯だがサラッとした気持ちの良い温泉だった。
出てから中居さんに聞いた所、平成16年の架け替えの際に出た木材のオークションで競り落とした材料を架け替え工事の棟梁が渡り廊下を錦帯橋風に、ロビーの梁、桁に錦帯橋の木組みのまま、その他に使い見事な造作と成って居た。入湯料にその見物代と岩国城が借景として見えるのでその代金が含まれて居ると納得した。
疲れが取れた所で市営バスで帰路と成る。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2014-07-01 21:32 | 四国お遍路  

<< 第43日目 第41日目 >>