第71日目

b0204566_233211.jpg

b0204566_2332185.jpg

b0204566_2332184.jpg

b0204566_2332112.jpg

b0204566_233211.jpg

香川県うどん名店巡り2日目、手打ちうどん 田村をナビに案内して貰いとおちゃこ。
名店リストに上がって居なければ絶対来店出来ない位看板も小さく目立たない街中からハズレた交差点の角にあった。
ご主人と奥さんらしき人と二人、玉の量を聞かれ、大と云うと茹でて冷やした二玉の入った丼を渡され、冷やはそのまま、温は自分でお湯通しをして好きなトッピングを選び、出汁醤油を掛け食べる。
大300円揚げ60円、自己申告でお代を払う。
実にシンプルな商いだ。
麺は太く角が立ちシッカリ腰が有り、でも喉越しはツルリと出汁醤油だけなのに味わい深い食感だ。
揚げも丁度良い味付けで幾分小振りだが美味しい。
客は10人程いたが回転が早く、自分で湯漬けしたりトッピングを載せたりするのがまごつきながらも楽しんで居る様だ。
次いで坂出駅側の大通りに面した日の出製麺所に行く。
11:30〜12:30迄の一時間だけの営業のうどん店。
名前の通り製麺所で卸しがメーンの所で、開店一時間以上前から列が出来る程知られて居るお店だ。
並んで居る間にうどん玉の注文を取り上げ、11:15に日差しが暑いので開店してくれた。
食べる席が二カ所で100人位の並んだ人達を捌いて居た。
麺は山越うどん、田村うどん、以上にシッカリ腰の強さを感じた。
揚げは幾分甘さが勝って居る味付けで大きなサイズを使って居た。
おじさんが一人列の整理やら駐車の指示等を遣り、店内では女の子が二人 丼の出し入れ、お金の受け取りに一人、これが二カ所に別れて居るので人手を掛けて大変だろうと感じた。
自分はうどん玉2つの大に揚げで260円、何と云う安さか、あくまでもこの一時間はお店のサービス、儲けは卸売りと土産品の店売りとネット売りで堅いと云う事かな?
それにしても短時間でうどん玉四つはお腹がキツい!
少し休まねばと云う事で、何とこの坂出で東山魁夷せとうち美術館を発見。
この旅先で何か縁が有る東山魁夷芸術。
瀬戸大橋記念公園の一角に立つせとうち美術館に入ると65才以上は無料との由、県営の施設は全て同じとの事。
涼しい中で絵を見ながら暫し休憩。
ビデオを見ながら暫し休憩。
隣の建物が瀬戸大橋記念会館、瀬戸大橋の建造の経緯から完成迄の全てが展示して有り、その技術力の高さを歌い上げて居た。
キャンプ場に戻り敷地内の温泉で汗を流す。
温泉がテントの隣に有ると云うのは嬉しい限りだ。
うどん四つ玉のおかげて夕食は抜きと成った。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2014-07-31 23:03 | 四国お遍路  

<< 第72日目 第70日目 >>