第108日目

b0204566_2119244.jpg

b0204566_2119216.jpg

b0204566_2119325.jpg

b0204566_211937.jpg

b0204566_2119342.jpg

快晴の朝、鉄板を昨日南三陸町名足保育園に届けて来たので今日と明日は活動無し。
一時間程走って平泉に行く事にした。
今まで何度行く機会がが有りながら訪れて居ない待望の地だ。
先ずは情報と思い平泉駅に10時とおちゃこ。
駅前で面白い車発見。
観光案内のおじさんに聞くと町で運営して居る無料のレンタカーとの事。
三台有り上々の評判とか……!
先ずは毛越寺、大泉ケ池のまわりに配した浄土庭園でいくつかの伽藍は焼失して礎石等が残っており、創建当時の雅で荘厳な仏教文化が如何に凄かったかを知らされた。
次に中尊寺に入る。
12世紀始め藤原清衡が造営、京都から遠く離れた奥州平泉に仏国土を作り、朝廷に金を提供し京の抗争から一線を画し中立の立場で仏教文化を開花させた。
結局4代目で藤原氏は滅亡する訳だが100数年の間東北のこの地が今では想像も付かない繁栄の地だったと云う事に先ず驚く。
如何にその財力、政力、仏力、その全ての大きさ、凄さに歴史の重さを感じる。
金色堂等はその最たる物で常人では考え付かない構造物だと思う。
権力者の力だけがなし得る自己顕示欲、そのものが21世紀世界文化遺産に登録されたのだから、藤原氏が極めた仏教文化は日本文化として残る事に成った訳だ。
悠久の湯 平泉温泉にシニア割引300円で入り町長の太っ腹を再度感じる。
高田に戻り1日オープンしたと云う定食屋でサンマ定食780円、大船渡港に上がった初物を食べ充実の1日を終わる。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2014-09-07 21:19 | 四国お遍路  

<< 第109日目 第107日目 >>