第140日目

b0204566_19162315.jpg

b0204566_19162312.jpg

b0204566_19162345.jpg

b0204566_19162345.jpg

b0204566_19162321.jpg

凄く冷え込んだ、10℃は割ったと思う。
寒いので10Km先の別所温泉むら湯に走る。
深沢温泉むら湯と季の郷湯ら里が併設されており、湯ら里が宿、むら湯が立ち寄り湯に成っていた。
同じ源泉だが(塩化物硫酸塩泉)鉄分を含んでおり赤茶色の濁り湯だが、湯ら里の方は漉して透明のお湯にして居るそうで、自分は当然むら湯の濁り湯に浸かる。600円。
赤茶色の湯が掛け流しで溢れてこれぞ温泉と迎えてくれる。
一面の窓からは奥会津の山々が紅葉にはちょっと早いが青空と緑の山と田の黄金色とがそれは美しいとしか言葉の出ない景色が広がる。
十二分に浸かり温まり満喫して休憩室へ、牛乳を飲み読書、昼寝、帰る前にもう一度一浸かり、気温20℃走ると風が冷たい。
古本屋さんを見つけ入ると、文庫本五冊1200円のセール中、大沢在昌二冊、佐々木護、藤沢周平、岡田秀文の五冊を購入した。
テントに戻り夕餉の支度、会津坂下の道の駅で天のつぶと新米を買って来たのでそれを炊き、昨日残ったキノコ、豆腐、油揚げ、チンゲンサイ、ネギの味噌汁。
ご飯の水がちょっと少なめで固めに炊けたが美味しいご飯とキノコタップリの味噌汁、季節感タップリの夕餉と成った。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2014-10-08 19:16 | 四国お遍路  

<< 第141日目 第139日目 >>