第141日目

b0204566_18504517.jpg

b0204566_18504514.jpg

b0204566_18504594.jpg

b0204566_18504594.jpg

b0204566_18504529.jpg

滝沢温泉松の湯温泉に走る。
この旅で雫石の網張温泉の露天風呂の次に挙げられる温泉に出会った。
源泉井戸から2m程で浴槽に掛け流しで溢れて居る。
ナトリウム塩化物硫酸塩泉の源泉が変質する間も無く浴槽に溢れ、浴槽の周りは源泉成分が固まり薄茶色に成り、お湯は灰色に茶色の混ざった濁り湯、平成2年にボーリング涌出したとの事で51℃の源泉を地下水で温度を下げて居る。
入湯料金がなんと100円、今時信じられない。
お婆ちゃん(菅谷チエ子さん)が何も無い只浴槽に溢れて居るだけ、と云う素朴さ、すっかり虜に成り2時間程浸かっていたら、ご主人が余り長湯なので心配して声を掛けて呉れた。
日本ていいなあーと思える時間だった。
奥会津金山町 大塩で天然に涌出する天然炭酸水の井戸に行く。
地元保存会に護られた井戸がこの時期涌出量が少ないらしく、井戸の底に涌出水が見える。
やかんを落として汲み上げ一口、正に炭酸水、ちょっと苦味が有り炭酸の口当たりが市販の炭酸水とは違う、何か胃腸に良い効き目が有りそうな飲み心地です。
入れ物を持参しなかったので持ち帰りは後日にした。
河井継之助記念館が木曜日定休日だったが工事の人達が入っていたので見せて貰った。
戊辰戦争で長岡藩家老の河井は敗れ新潟三条から剣呑な山越えをして只見に来て会津藩に助力を求める迄も無く亡くなってしまった。
只見 金山地区の人達は河井を弔い現世まで記念館迄作りその人と成りを顕彰して居る。
司馬遼太郎の「峠」は河井継之助を記した物との由。
自分はまだ読んで居ないので是非とも読んで見たい。
テントに戻り、台風19号緊急避難の為炊事場にテントを移動、13〜14日に最接近予報なので、此処で緊急避難する事にした。
管理人さんも承諾して呉れ炊事場の屋根下にテントを張り、バイクま屋根下、これで14日迄の延泊決定。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2014-10-09 18:50 | 四国お遍路  

<< 第141日目 第140日目 >>