第147日目

b0204566_1845098.jpg

b0204566_1845035.jpg

b0204566_1845022.jpg

b0204566_184503.jpg

b0204566_1845045.jpg

先ずは洗濯とコインランドリーに走りついでに横のセブンで朝食を取る。
テントに戻り干して湯沢温泉の外湯巡りに向かう。
観光協会でマップと集印帳を頂き外湯13ケ所、名所11ケ所を巡り拓印を集めると13ケ所以上で岡本太郎書の湯タオルが頂ける。
外湯料金は無料、志を投入箱に入れるシステム、なんと心優しい事か。
先ずは近くの横落の湯、含石膏ー食塩・硫黄泉、100円を志、薄い白濁の硫黄の匂いがする小さめの浴槽、如何にも共同湯の感じがする、掃除が行き届き綺麗に管理されて居るのが解る。
温泉で成り立って居る街らしい。
長湯はせずに麻釜の湯、泉質は含亡硝ー石膏・硫黄泉、濁り湯では無いがすっきりと優しい温まるお湯だ。
次は真湯、単純硫黄泉、透き通った硫黄臭の湯で此処も良いお湯だ。
次は滝の湯、含石膏ー食塩・硫黄泉、先客が有ったので浸からなかった。
源泉地の麻釜に行くと70℃80℃90℃ の湯池と蒸し釜が有り草津温泉の湯畑とは違う迫力が有る。
地元の人だけが利用出来る蒸し釜で調理をしたり温泉て茹でたりしていた。
温泉薬師堂、薬王山健命寺、で刻印を押し湯沢温泉のシンボル大湯に行く。
泉質は単純硫黄泉、熱湯とぬる湯の二槽が有り、熱湯の方は火傷をしそうな位熱く入る人が有るのかな?
どちらの外湯も建物は木造で宮作りの建て方で趣の有る施設で、地元保存会の人々の気持ちがよく分かり、野沢温泉の未来に良い影響が及ぶ事を願う。
半日外湯巡りをして湯沢温泉に来て本当に良かったと思った。
温泉好きの聖地の様な街で、自分の行った所で今迄の中で温泉街としては及ぶ所が無い。
麻釜の前の湯元と云う土産物屋さんのソフトクリームがバツグンに美味しかった。
その筋では有名らしく来るお客様が皆さん注文していたので驚いた。
タップリ量が有りねっとりと口触りが良くミルク感タップリで好評なのが判る。
明日も食べよう!
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2014-10-16 18:45 | 四国お遍路  

<< 第148日目 第146日目 >>