<   2010年 09月 ( 31 )   > この月の画像一覧

 

お遍路31日目終了

b0204566_1813223.jpg

お遍路31日目9月最終日は一日中の雨で、四万十川河川敷のテントの中で寝たり、寝たり、起きたり、とマッタリと過ごした。

昨日買い求めた香り米入りの新米を炊いてその香りと味に納得。香り米と言う品種を始めて知った。

此も研究の成果、でも他の地方では無い様だが………!!

明日は足摺岬、 50km有るのでシッカリ歩き応えが有りそうだ。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-30 18:13 | 四国お遍路  

お遍路30日目終了

b0204566_030971.jpg

b0204566_030989.jpg

b0204566_030980.jpg

[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-30 00:30 | 四国お遍路  

お遍路30日目終了

須崎の公衆便所スペースはイベント会場にも成るそうで、掃除に来たおばさんが話していた。

37番札所岩本寺迄JRで移動するので7:30に野営地をスタート、 須崎〜窪川迄一時間 30km 駅から30分 五体の本尊が祀られて居る。不動明王、聖観世音、阿弥蛇、薬師、地蔵 が五体本尊でこの岩本寺だけの様です。

次の足摺岬 金剛福寺迄90km、土佐くろしお鉄道窪川〜中村迄40km 一時間半 四万十川河畔の街で、観光案内所で温泉付のキャンプ場を聞くと、4000円掛かるとの事。 他を聞くと四万十川少し上流で無料キャンプ場が有るとの事、歩きで一時間、四万十川河畔の整備が行き届いて居る芝生の河川敷、先客のグループがバーベキューを遣っていた。

バトミントングループ トンボクラブの皆さんで、少し高く成って居る所にテントを設営して居ると、おにぎり、焼き肉、野菜のお接待、思いがけずで感謝して頂戴する。

洗濯をしてから野球ゲームに入れて貰い楽しく遊ばして貰う。
五時に成り片付けし皆さん解散と成り、お礼を言ってお別れ。

今日一日で80km移動した訳だが、何の制限も無しのお遍路旅なので、気持ちに正直に旅をしようと思っている。明日は雨の予報が出て居るので朝の状況で決めよう。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-29 23:42 | 四国お遍路  

お遍路29日目終了

b0204566_21233114.jpg

b0204566_21233191.jpg

b0204566_21233177.jpg

b0204566_2123315.jpg

井尻浜野営地で昨夜は正に豪雨の一夜で、地面が砂地なので水の心配はしなかったが、テントに当たる雨音が 凄く、耳元のラジオが聞き取れない状態で、あんな雨に当たったのは久し振りだ。

3時頃には上がり日の出頃にはスッキリ快晴の秋空に成り、テントを乾かし出発準備。

7:10にスタート、別格第5番札所大善寺まで20km、雨上がりで湿度が高く、気温もそこそこ高く成りそうだ。

朝食を取ろうと通り道の美島商店に入り、豆富、パン、牛乳を買うと、「そこで食べな」とお店の中の椅子席を教えて貰う。
食べ始めて居ると、豆富のお醤油(薄口)を頂き、更に「此もおあがり」と山盛りのご飯とキュウリの粕漬けをお接待、何と優しい心遣い、何度もお礼を言い頂戴する。感謝、感謝。

店を出る時には送ってまでくれ、通りすがりの人間に何という優しい心遣いを……と思いお遍路文化の深さを改めて感じる。感謝、感謝。

予想通り気温が高く成り少々ダレて来た頃、道端で女の子が二人かがんでいる。一人が自転車で転んだらしく、もう一人の子が水筒の水で擦りむいた所を洗って居る所だった。 持っていた傷バンとアロエクリームで応急処置をして、「出来るだけ早く消毒して貰いなさい」と言い数々のお接待のホンの僅かお返しが出来た。

予定以上に時間が掛かり大善寺に15:00到着、その少し前テントを張れる所探し、お子さんの自転車のパンク直しをしていたお父さんに訪ねると、「そこの公衆便所に良くテント張るよ」と教えて呉れた。 見るとこんな公衆便所見たこと無い。大きな屋根付でベンチも有り、野営地としては最上級です。お父さんにお礼を言い大善寺でお札を切り、公衆便所横で野営準備。

そうめんのモヤシ入りつけ麺で夕食、近くに銭湯有りの情報ゲット。湯上がりにビールを頂きお疲れ様でした。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-28 21:23 | 四国お遍路  

お遍路28日目終了

b0204566_1683157.jpg

今日は朝から雨、降ったり、降ったり、止んだりでこのお遍路旅初の雨で足止めと成った。

此処井尻浜にはトイレも水道も完備で、炊事も出来一日中テントに籠もる事が出来た。

陽気も寒い事は無くお遍路本を読んだり、ラジオを聞いたり、ウトウトしたり、良い休憩に成った。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-27 16:08 | 四国お遍路  

お遍路27日目終了

b0204566_22271938.jpg

b0204566_22272052.jpg

通夜堂で一夜を過ごし、昨日納経所で頂いた葳のビスケットとコーヒー、食べ残りの水晶ボンタンで朝食を取り、部屋に掃除機を掛けて8:00 にスタート。

35番札所清滝寺迄10km、一昨日西岡善根宿に連泊して以来陽気がすっかり秋模様と成り、汗が吹き出る事は無くなり歩き安く成った。

今までならば3時間は優に掛かったのが10:15に到着、自分でも驚く。

次の36番札所青龍寺まで10km、 今日は此処で打ち止めにするので、ペースを落とす。

今夜の野営地を井尻浜に決め、愛車マグナ500を子供連れで浜遊びに来ていたお母さんに荷物を置く旨、一言断り旧遍路道を歩き出す。

急峻の為歩く人が少ないようだ。寺迄2km汗ダクに成り到着、帰り道龍温泉600円に入りスッキリ

釣りから上がって来たお兄さんに釣果を尋ね、夕食分に一匹譲って貰おうと財布を出すと、「お金は要らない!処分に困っていたので全部挙げる」との事。 50匹ほど釣ったが全部リリースして死んだヤツだけ持って来たが、裁かないので丁度良かったとの事で、30cm位のチヌが三匹 、御大師様の引き合わせか!!

御礼を言い大急ぎで井尻浜に戻ると愛車マグナ500の荷の上にみかんが載って居る。お母さんからのお接待か!!感謝、感謝。

急ぎテントを張り、お米を研ぎ、三匹の裁きに掛かる。三枚に下ろし、身は刺身、あらはチヌのあら汁にする。側に電灯が点き明るい所で調理が出来助かった。

小鍋一杯のチヌだけのあら汁と上手く炊けた小松島の新米、思いがけずの夕食と成った。

ハプニングの多いお遍路旅でそのどれもが楽しく、悪い事の直ぐ後に楽しい事が有り、お遍路を始めてでしか味わえない体験が楽しい。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-26 22:27 | 四国お遍路  

お遍路26日目終了

b0204566_2034711.jpg

b0204566_2034783.jpg

b0204566_2034776.jpg

b0204566_2034751.jpg

b0204566_2034774.jpg

ホテル土佐高須を7:20にスタート、32番札所禅師峰寺に9時に着きお賽銭の用意をする時、以前お接待で頂いた巾着袋が無いのに気付く。

ホテルに置き忘れたと思い連絡を取ると、見当たらないとの返事。ホテルから此処に来る間に落としたか?
中身は1円5円10円50円100円、合わせて約1000円位、ちゃんと縛り付けて居なかったと云う事か!!
注意、注意。

33番札所雪蹊寺の前に桂浜に寄り龍馬に会う事にした。

途中珊瑚資料館に立ち寄りし、客が一人も居ない中、凄いステレオセットからジャズが流れていた。置いて有るCDの中から、マイルス ディビスを選びセット、お遍路を忘れて聞き込んでしまった。珊瑚加工品の販売所のおば様からコーヒーのお接待までして頂き感謝、感謝。

一時間程マイルスを堪能して、お遍路に戻る。

お昼に成ったのでドライブインかつを船に入ると店内で藁で炙らせてくれの、それをタタキに切ってくれの、 丼飯に味噌汁、 塩とわさびでタタキを食するとこれぞ土佐の味、朝の落ち込みがマイルスとかつをで吹っ飛んでしまった。

33番札所雪渓寺と34番札所種間寺でお札を切り、今夜は種間寺の通夜堂に一夜をお願いした。
シャワー付きで快適な宿で当然無料、御大師様に感謝、感謝。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-25 20:03 | 四国お遍路  

お遍路25日目終了

b0204566_20245350.jpg

b0204566_20245395.jpg

b0204566_2024538.jpg

西岡善根宿でスタート準備をしていると、オーナーの西岡ご夫妻が立ち寄り、「気を付けて行きなさい」と声を掛けて行かれた。感謝、感謝。

雨も強風も夜中の寒さも避けられ、とても休む事が出来た二日間だった。

江野さんは7時に一足早くスタート、30分遅れて私もスタート。

29番札所国分寺には8時到着、酒絶ち地蔵があった。自分には縁が無いか?

30番札所善楽寺は隣に土佐神社が有り、広大な敷地に鬱蒼とした杉林の中に瓦欄が有った。

参道を登る前に生コン屋さんの駐車場に愛車マグナ500を置かせて貰う。奥さんが優しく声を掛けて呉れた。

次の31番札所竹林寺迄は高知市内を行くのだが、遍路道の案内目印が見当たらないので、地図を見るが良く分からない?
携帯ナビで歩き始める。

竹林寺も急峻な山道の頂上に有るので、先に愛車マグナ500をホテルに預ける事にする。市街地なのでテントを張る所が簡単に見つからない。

ホテル土佐高須にチェックインし、納経所の受付終了時間も迫って来たので、タクシーを呼んで貰いました。

急坂ヘヤーピンカーブを登り到着すると、山全体が公園に成っており、ゆっくりと歩いて回ってみたい感じだ。

程なく楽して札を切り終え、ホテル土佐高須に戻る。

ホテルの前にうどん屋さんが有り夕食を取りに行ったが、看板に本場香川より旨いうどんと有り、かま玉うどんを頼み看板に偽り無しを実感する。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-24 20:24 | 四国お遍路  

お遍路24日目終了

b0204566_19365532.jpg

b0204566_19365517.jpg

天気予報で午前中から久し振りの雨情報なので、移動中止を決めた。

ところが予報はハズレ、10時頃にパラッと降り直ぐ止み後はずっと強風が吹くのみ。

さすが高知を感じさせる風だ。

お遍路21回済のベテラン江野さんも連泊し二人で色んな話をしながら、一日を過ごした。

立ち入った話はしていないが歩きで12回、自転車、バス等の利用者9回、真冬零下10゜膝迄有る雪の中登った事も有るそうで、何か心に期する物が無いと出来ない事と思う。

しかしご本人は淡々としていて心に重い物を持っているとは、全然感じ指せない。熊本人(九州人)独特の人の良さを感じさせる。

ゆっくりと夕食の支度も出来、精神的にもゆっくり、ゆったりと出来た。

根本的にも其れが出来たのも、この善根宿がとても良かった。最大5人までは泊まれるが2〜3人が良い所で、然も気が会わないとマズイ。その点江野さんは良かった。私と同類の人種と思われる。

設備もトイレ、水道、電気、コンセント、加えて製氷機迄あり、隣は墓地で静さこの上無く感謝、感謝。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-23 19:36 | 四国お遍路  

お遍路23日目終了

b0204566_20212590.jpg

b0204566_20212562.jpg

b0204566_20212548.jpg

b0204566_20212577.jpg

道の駅大山で朝方4時過ぎに「コーヒーを飲まないか?」と起こされ「飲まない!まだ眠たい!」と答えると「コーヒー代を持っているか?」と聞かれ「大丈夫!」と答えると黙って消えた。多分お遍路さんだと思うけど良く分からない?其れにしてもご親切過ぎる。

中途半端に目が覚めてしまい、6:30にスタート、涼しい朝なので快調に歩き出す。

安芸市に入り明治20年に部品迄全て自作したと云う野良時計を見に行く。札幌時計台より立派で今も現役で時報を近隣に響かせて居ると聞いて更に驚く。

この時点で11時 既に気温34゜に登ったと気象情報、湿度も上がりジリジリ、ムシムシと真夏日の状況。スーパーに入り氷と冷水を頂き、休憩を取る。

通りに面した松田クリーニング店の前に駐車してある車のナンバーが88-20と有るので、ご主人に聞くと、お遍路12回の達人で店には88ヶ所、別格20ヶ所の絵が飾って有り、見事な装飾と成っていた。

カリヨン時計迄歩き正午の時報を聞く。

暑さにたまらず此処からバスで移動する事に決め、次の大日寺まで30km 約8時間稼ぐ。

香川県でお遍路さん一人熱中症で死亡したとかで無理は禁物。

大日寺でお札を切り龍馬歴史館の蝋人形を見物、程なく西岡善根宿一泊300円に入る。先客がおられお遍路21回7年間の実績だそうだ。

19時頃から雷が鳴り出し強く降るかと思ったが、弱い雨が降ったのみ。でも気温がグンと下がり助かる。

明日は雨情報なので連泊に成るかも………!!
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2010-09-22 20:21 | 四国お遍路