<   2011年 07月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

八戸市南郷ジャズフェスティバル

b0204566_11282581.jpg

b0204566_11282584.jpg

b0204566_11282530.jpg

b0204566_11282524.jpg

b0204566_11282519.jpg

28日9:00本部スタッフに休みの挨拶をしてスタート。

45号線を北上、被災地を通りながら、瓦礫撤去が済んで居ない地域がまだまだ多い所が目に付く。

15:00に南郷町入り口の看板に迎えられる。

福田温泉癒楽家福千に到着。

静かな林の中の一軒宿で四泊五日の自分に取っては珍しい温泉宿での宿泊だ。

29日は18:00から前夜祭が野外ステージで行われるので、明日の席取りも兼ね昼前に会場に行くと、既に一組シートが置かれ一番乗りを取られていた。

霧雨の中舞台設営、その後リハーサルと舞台裏を見るのも楽しい。

18:00中沢中学校ジャズバンド部の演奏からスタート。

指導者の力か生徒達の努力か、一昨年聞いた時よりも音が出て居る感じがする。

HJQ+2と云う地元選出のバンドの出演と続き、本祭出演者のスペシャルセッション。

何時もの通り熱い盛り上がりで、明日への期待が膨れる。

南郷ジャズ仲間の丸屋さんのお母さんが急病で入院したとの事で、来れないとメールが入る。

食堂風来坊が店名が変わっており、ジャズの館のマリヤさんも辞めたとかで居らず、会いたい人達に会えず残念だ。

30日ジャズフェス本番の日、気持ちを高ぶらさせながら、宿を10:30に出る

席取り場所に着くと、10組程が並んでいた。

丸屋さんからチケットも届き、ジャズフェス仲間も集まり、丸屋さん仲間のテンガロンハット三人組も到着、其れだけで盛り上がる。

12:00開場14:00開演予定が13:30には前座の中沢中学校ジャズバンド部の演奏スタートした。

天気も薄日の差す絶好のフェス日和、地元の人達の手作り屋台村も大賑わい。

地元食材にアルコールが入りジャズ満喫モード。

類家心平、寺久保エレナ、平賀マリカ、5Cats&Woong San、FRIED PRlDE、日野てるまさ、MJQと云う豪華出演者で、22回と成るフェスの中で初と成るロックフェスの様な全員総立ちのシィーンも有り、ほぼ3000人の入場者が完全にジャズ満喫状態で熱気に溢れた。

ラスト演奏のMJQのアンコールコールに応えて、日野てるまさ、平賀マリカ、FRIED PRIDE、の人達が加わりジャムセッション、曲目は(ルート66)会場総立ちの盛り上がりで21:00終演と成る。

期待以上のジャズフェスと成り、出演者サイン入りTシャツ10枚限定抽選に当たり、貴重品ゲット、大震災支援金付で一万円支払う。

思い出深いフェスティバルと成った。

31日を八戸三社大祭の山車を見せて貰う積もりだ。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-31 11:28 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害災害ボランティア山田町69日目

26日昨日は午前中仮設住宅へ食品支援物資の搬入、午後は食品支援物資の仕分け袋詰めを三重隊と遣った。

まだまだ仮設住宅が建設中で入居前に支援物資の搬入活動もまだかなり有りそうだ。

26日今日は昨夜来からの雨が止まず、午前中様子見の待機と成る。

10時過ぎに雨が上がり、大沢地区の瓦礫撤去に向かう。

三重隊引き続き活動の宅地で今日で終わる状況だったが、午後開始して直ぐに大雨と成り車中避難、結局止まずそのまま時間切れと成り、継続活動と成ってしまった。

終わらせたかった。

明日から八戸市南郷でのジャズフェスティバルに行くので、暫しボランティア休止。

連続12年目と成る素晴らしいフェスティバルで、自分は四回目の南郷入りと成る。

町長さんが町おこしに唱い上げたのが、「ジャズと蕎麦の町:南郷町」と云うキャッチフレーズで、町の入り口に大きな看板を立ててしまった。

日比谷公会堂の様なフェスティバル会場と生ライブが出来るホールとフルオーケストラの入れるホールを作った。

年間幾つものアーティストを呼び、盛り上がって居る。

今年は隣町迄来て居るので、八戸仲間からも来いとの声掛かりで、暫しボランティアを休ませて貰う事にした。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-27 16:16 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害災害ボランティア山田町67日目

b0204566_182931100.jpg

24日昨日は午前中仮設住宅に食品支援物資の搬入、午後は神奈川隊の後を引き受け、大沢地区で瓦礫撤去を三重隊と遣った。

大沢地区の瓦礫撤去はまだまだ手付かずの所がかなり有り、夏休みでの学生さん達の活躍が望まれる。

25日今日は自分がドライバーと成り、仮設住宅へ食品支援物資の搬入を遣った。

今朝第17次隊20名が合流して、織笠保育園で広島焼きイベント応援や瓦礫撤去や物資搬入に別れて、朝から活躍した。

仮設住宅も最終的に150戸足りないとの事で、急遽建設が急がれて居る。

急峻な坂を上った上に、山を削って建てたり、街中よりかなり離れた所に建てたり、建設適地の無さに苦労して居るのが良く判る。

三年間の仮住まいと成る仮設住宅の生活の大変さが思われる。

移動販売店も沢山遣って貰いたいと思う。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-25 18:29 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害災害ボランティア山田町65日目

b0204566_1950220.jpg

22日は休日

全く予定の無い日と成り、恒例の満艦飾の洗濯をして、散髪もして気分サッパリ。

昼膳に頂いたキクラケとサツマイモを入れて炊き込みご飯、野菜沢山の豆乳鍋でノンビリ食事。

第16次三重隊が一日遅れで午前中に到着した。

25日に帰路との事。

23日今日は三重隊と仮設住宅に食品支援物資の搬入を遣った。

活動中11:34に震度4の地震が有ったが、車で移動中だったので車中の誰も気が付かず、携帯の警報メールで知らされる。

今回は本部から何の連絡も無かったので、何故かなと思う。

安全な事故の無い運営を考えると、リーダーに連絡すべきだと思う。

仮設住宅の数はまだ不足して居るので、建設中で全てに引っ越しされるのは、8月末に成る様だ。

遅い、時間が掛かり過ぎと思うのは自分だけだろうか……!?
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-23 19:50 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害災害ボランティア山田町63日目

b0204566_18383640.jpg

20日は台風の影響で室外活動は中止と成り、午前中旧山田高校物資倉庫に支援物資のバスタオルを受け入れ活動を三重隊と神奈川隊とで遣った。

30名程の人数で一時間程で終了、第15次三重隊が一日短縮で午後北陸回りで帰路に就く事に成った。

速度の遅い台風でニュースに拠ると尾鷲では記録的な雨量と成った様で被害の出ない事を願う。

心を残して15次隊が13:30に帰路に着いた。

21日今日は大沢地区の以前大量の瓦礫撤去の活動を遣った箱石宅に行き最後の瓦礫撤去を遣り完了した。

奥さんの仮店舗美容院も30日から営業すると云う事で、ご主人も奥さんも綺麗に片付いた敷地を見て、大変喜ばれ感謝の言葉を頂いた。

自分も大量の瓦礫状態を見て居るので、綺麗に片付いたのに、感激してしまった。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-21 18:38 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害災害ボランティア山田町61日目

b0204566_1145476.jpg

b0204566_11454796.jpg

b0204566_11454755.jpg

b0204566_11454749.jpg

b0204566_11454725.jpg

18日は午前中織笠保育園前のアワビ貝加工所で貝の水洗いの活躍。

センターに商売のお手伝いボランティアは出来ないと断られたそうで、ご主人はセンターに冷蔵庫を寄付したり、いろいろセンター応援をして呉れて居るので、せめてのお手伝いと思い貝洗いをボラした。

午後は大沢地区で三重隊と瓦礫撤去、かわいキャンプボランティア隊と一緒に遣った。

全然終わり切らず継続活動と成った。

広島から昨日3日間かけて来たお好み焼き「ようき屋本舗」佐渡さんが、二週間の間山田町で支援お好み焼きを焼くとの事。

焼き板が170kgと云う重さで設営、撤収の際に必要なお手伝いをする事にした。

最初の出店が酒場 絆店頭で6人程男手が集まり16:30設営完了。

準備中から並び始めて初の広島焼きに皆さん顔がほころぶ。

焼き板の撤収は明朝との事で自分はテントに引き上げる。

19日7:00に焼き板を軽トラックに積み込み、今日の出店予定の田の浜 若木保育園に向かう。

船越半島の突端の山の中に有る国民宿舎に仮開園して居て、保育園の建物は津波で流されたとの事。

昨夜は広島焼き大人気で100名以上の人達が集まり、材料が無くなり整理券を出して20日に追加出店すると約束したらしい。

若木保育園の材料用意は40名との事で、午前中お手伝いする事と成りテント村炊事場に忘れた調味料を取りに行って挙げたりした。

昼食に一枚焼いて頂き、午後三重隊と合流 大沢地区の瓦礫撤去を遣り、此処も継続活動と成る。

若木保育園に戻り焼き板の撤収を手伝いテントに戻り、宮古のライブハウスに走る。

ナベサダさんの甥っ子さんで本田珠也さんのグループ「ZEK!」のライブが宮古のカントリーCafeで、東北応援ツアー投げ銭ライブが行われた。

お父さんの故本田竹広さんが宮古出身で、珠也さんの第二の故郷応援と云う事だ。

熱いステージで40分にも渡るドラムソロも入り終了したのが10:30過ぎに成った。

忙しかった一日がドラムのリズムで癒された。

18日にはカミさんが飛鳥クルーズで横浜港に着いたとの事で、恭一郎から写メが送られて来た。台風の影響で少し揺れた様で船酔いしたらしい。中華街を散策したとの事。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-20 11:45 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害災害ボランティア山田町59日目

b0204566_17473117.jpg

b0204566_17473182.jpg

b0204566_1747313.jpg

昨日の午前中と今日の午前中に、移住完了の仮設住宅17ヶ所に益子焼きを22〜23日におぐら山イベント会場で配布する告知チラシのポスティングを遣った。

バイクで先行し三重隊が付いて走り、山田町の方々にある仮設住宅巡り、昨日は場所を知って居る所10ヶ所、今日は探し探し地元の人に聞きながら7ヶ所、酷暑の中配り終えた。

昨日の午後は大沢地区の瓦礫撤去、以前神奈川隊が遣った後三重隊が引き継いで三日目。

終わり切れず継続活動と成る。

砂、瓦礫が多い宅地で土嚢袋が2000袋位出来た。

今日の午後は織笠地区の津波に負けなかった木造の豪邸で、家の中から汚れた物全てを外に出して有り、お父さんとお母さんが使用可能な物を選別し、洗える物は洗い、後日洗濯して使える物は選別し、その他は土嚢に詰め廃棄物とする活動を遣った。

純和風の豪邸で実に痛ましい限りだ。中は全然壊れて居らず素晴らしかった。

昨夜はケリーが先生と成り、ヨガ教室に参加、今更ながら自分の身体が動かないのに呆れる。

14次隊の女性陣の活躍で盛り上がった仲間達だった。

16:30に何人か再訪の言葉を残し帰路に就いた。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-17 17:47 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害災害ボランティア山田町57日目

b0204566_1624398.jpg

b0204566_1624388.jpg

b0204566_1624321.jpg

昨日は田の浜仮設住宅と船越第二仮設住宅に生活支援物資の搬入を三重隊と遣った。

田の浜仮設住宅は船越半島の奥まった山の中に有り、森林火災の有った横を通って行くので、少々気味が悪い。

午後はためさん達と信楽焼の食器の配布を青少年の家仮設住宅で行った。

ボラセン本部を通して居ない活動で、本部としては遣って欲しく無い活動だろうと思うが、センターには組み入れる事の出来ない、ためさん独自のルートの支援なので、被災者に寄り添った喜ばれて居るボランティアなので、問題さえ発生しなければこんな支援の在り方も良しと思うが………!!

今日は休日、満艦飾の洗濯を何時もの通り遣り、雨を気にしながら何とか乾いた。

他に何の予定も無く休息の一日と成った。

カミさんが神戸港から横浜港迄のクルーズに行くとの事で今日千葉を出発した。

本当に久方振りの旅行で声が弾んで居た。

俊介に神戸港で送らせ、恭一郎には横浜港に出迎えをさせる様で、良い旅に成る様に……!!
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-15 16:24 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害災害ボランティア山田町55日目

b0204566_18335360.jpg

b0204566_18335391.jpg

b0204566_18335390.jpg

b0204566_18335426.jpg

b0204566_18335467.jpg

昨日と今日、前日からの引き続き大沢地区の岡田さん宅で砂利洗浄と瓦礫撤去を遣った。

今日の午前に商工会に行き、先日持ち込んだ三重県臨時雇用の募集ポスターの掲示写真を撮る為、掲示箇所を教えて貰い山田町役場、北小学校避難所、豊間根中学校避難所で、曾野さんと共に写した。

一名採用に二名の応募者が有ったそうで、19日締め切り迄何人の応募が有るのかな?

岡田さん宅での砂利洗浄は日本人的感覚で、床下に引いていた砂利が津波でヘドロにまみれた為洗浄して再利用すると云う活動で、汚れた砂利を捨てるのでは無く、洗うと云う感覚が私は好ましく感じた。

時間の掛かった活動だったが、完了した事で、今日で活動終了の第13次三重隊もスッキリした事と思う。

その13次隊は夕立直前の17:30本部スタッフや14次隊に見送られ帰路に就いた。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-13 18:33 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害災害ボランティア山田町53日目

b0204566_17364537.jpg

昨日は活動開始一時間後に震度4の地震があり、津波警報が出て本部より作業中止して高台に避難の指令が入り、大沢地区で瓦礫撤去を遣って居たのを中止して、車道の坂道を登り日陰で避難待機した。

依頼者の岡田さんの奥さんがアイスを差し入れてくれ、震災当時の話を聞かせて貰う。

11時過ぎ八戸に30cmの津波到達のニュースを聞く。

山田湾の満潮時間が12:20とかで、消防車がサイレンを鳴り響かせながら走り回って居る。

市役所の福士さんと云う方が来て、大沢コミュニティーステーションに移動した方が良いとのアドバイスで、本部に移動許可を貰い移動しようとして動き出した所、12:10に津波警報解除で本部に帰る事に成った。

本部に戻ると午後はボラセン閉鎖との事で活動中止。

結局一時間の活動で昨日は終わってしまった。

テント村の管理人さんのお友達の家族達とたこ焼きパーティーを遣り、子供達10人と鬼ごっこで走り回されヘトヘトに成り、猛暑日の中バテてしまった。

伊賀の中村さんが送って呉れた土嚢袋一万枚が午後一に到着、感謝、感謝で中村さん、端無さん、山本さんにお礼の連絡をする。

土嚢袋の供給ルートを二〜三本作り在庫枯渇する事の無いように、本部に申し入れる。

今日は引き続き岡田さん宅の瓦礫撤去を遣った。

活動は全部終わらずに継続と成り、多分明日も引き続きと成るかな?
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-07-11 17:36 | 沖縄県石垣島のほっくり生活