<   2011年 10月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

三重県災害派遣ボランティア山田町160日目

b0204566_22305070.jpg

b0204566_22305042.jpg

b0204566_22305075.jpg

29日は午後に仮設住宅で一人住まいの足の弱ったおばあちゃんの家で、伝い歩き用に手すりを取り付けて挙げた。

足以外は元気なおばあちゃんで、近所の仮設住宅仲間が集まり会話が弾む。

帰りにおばあちゃんの漬けたナスの漬け物を頂き、近くに来たらお茶飲みに寄りなさいとまで言われ、感謝、感謝。

30日は休日とし34次隊を迎えるのみとして、読書の日。

31日はわかき保育園読み聞かせと園内掃除。

幼稚園の先生も34次隊に加わって居り、読み聞かせレベルが高く盛り上がった。

わかき保育園の読み聞かせも後7日と14日の二回と成った。

12月の園児達のお芝居「おむすびコロリン」が上手に出来る様に、読み聞かせにも力が入る。

長島さんが来てから毎夕食作って貰って居り、手抜き夕食が一変した。

後片付け迄遣って頂き申し訳ない。感謝、感謝。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-31 22:30 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害派遣ボランティア山田町157日目

b0204566_21514632.jpg

b0204566_21514670.jpg

b0204566_21514637.jpg

b0204566_21514625.jpg

b0204566_21514760.jpg

26日は豊間根保育園での読み聞かせと仮設住宅で一人暮らしのおばあちゃんの家で物掛けの竿やフック付けの活動を遣った。

この様なニーズがまだまだ有りそうな感がするが、其れを聞き出すのに策が必要と思われる。

細やかな対応を、受け身ばかりで無くご用聞きに回る位の積極性が必要かなとも思う。

27日は健康診断を受けに近藤病院に行った。

28日は山田町名物復興かき小屋のプレオープンに山本センター長の代理で出席した。

町の復興の大きな力に成るで有ろう復興かき小屋、町長以下町の名士達42名が出席し、プレオープンと成った。

最大50席のかき蒸し焼きの完全予約制で40分2500円食べ放題のお店、観光局運営で力の入れようも半端ない。

蒸し上がって蒸し蓋を取ると、かき汁の湯気が上がり前が見えない位に成り、潮の香りと共にパフォーマンス的に大変楽しい。

然も食べ放題と云う事で自分も30個位食べたと思う。

焼き牡蠣とは違う大胆な食べ方で、勿体無い位食べ尽くす感じが小気味良い。

リピーターその壱決定。

33次隊を見送った後吉里吉里のもりかまどに行き、大槌町社協サテライトに連絡し、流された旧店舗跡地の瓦礫撤去を依頼すると、反応が良く直ぐ現地調査に来て呉れた。

ニーズが溜まって居り11月中に出来るか、確約出来ないが待って頂けたら必ず処理しますとの言葉を言われ、奥さんも安心の表情だったし、橋渡しした自分も安心した。

兎も角社協の人の動きの良さに感心し感謝、感謝。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-28 21:51 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害派遣ボランティア山田町154日目

22日は朝から雨、予報では一日中降り続くとの事、寝て曜日に決め読書日と成る。

23日は盛岡でボランティア説明会が有り、雨模様の所6:30に走り出す。

12:30に会が終了し買いたい本が有ったので本屋を探したが見つからず諦め帰路に……!?

小さな道の駅に寄り山のキノコを買いたかったが、大きな株のシメジしか無く諦める。

併設の食堂で里芋汁と湯だめ蕎麦を食す。

両方共とても美味しく選択の正しさを喜ぶ。

夜長沢さんが到着、三重隊と行動を共にする様にと云われたらしく体育館に宿泊に行った。

24日はわかき保育園でガラス拭きと講堂の掃除、絵本の読み聞かせの活動を遣った。

12月の劇のお話「おむすびコロリン」は先週読んだのが内容がマズく(意地悪爺さん婆さん)の出て来ないのが、園に有り本を替えて読んだ。

ハッピーエンドで終わる内容なので園児達の劇には相応しいと思う。

午後は織笠地区の瓦礫撤去を遣ったが、草の除去が殆どでレーキで表面瓦礫を掻いて終了と成る。

25日は大沢保育園で読み聞かせ、読み手も練習の成果か大変上手く盛り上げる事大成り。

午後には小林さんも到着し関口の仮設住宅のプランター花植えの活動をセンターニーズに組み入れて貰い、狙い通り上手く事が進んだ。

何にしても狙った通りに事が進むと嬉しいし関係した方々に感謝、感謝です。

三桜工業の小林さんに依頼したリクルートの件も上手く進む事を願うのみです。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-25 22:53 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害派遣ボランティア山田町150日目

b0204566_15433383.jpg

b0204566_15433450.jpg

b0204566_15433477.jpg

b0204566_15433452.jpg

b0204566_15433422.jpg

19日は山田幼稚園でボニー馬車が来て遊ぶのと昼食に炊き出しでカレーを振る舞うとの事で、32次隊の女性5人と調理に行く。

材料の洗いから始まり大鍋2つ、お米5升を炊飯器2つで用意する。

園児40人、お母さん方15人、先生方7人、三重隊6人、ボニー世話人5人が全参加者、ボニー馬車や乗馬体験や人参の餌遣りで盛り上げる事大也で、アニマルセラピーの良さを改めて見せて貰えた。

講堂に集まり炊き出しカレーを全員で、バーモントカレーの甘さが何とも新鮮で美味しかった。

小さいお皿で四回お代わりした子も居て、大好評だった。

それにしても作り過ぎた様で、大鍋八分目のカレーとご飯二升分位お土産に頂いて仕舞った。

三重隊でお腹に入れて始末する事にして、夕食はキャンプ場でカレーパーティーと言う事で、32次隊と僅かに居る個人ボラを加え、外館さんが作って呉れたツミレ汁も加わり、美味しく頂きました。

山田幼稚園の園児達にご馳走様でした。

21日は八幡地区の瓦礫撤去継続作業を11時には完了して32次隊最後の活動と成る。

山田事務所のミーティング後、32次隊帰路に就いたが、バスに乗り込む前にセンターの皆さんにお礼の挨拶をした時、私にも全員の一言色紙を頂き、有り難く嬉しかった。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-21 15:43 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害派遣ボランティア山田町148日目

b0204566_2023826.jpg

b0204566_2023882.jpg

b0204566_2023815.jpg

18日は継続作業と成った大沢地区の瓦礫撤去を予定通り午前中で完了し、午後は八幡地区の瓦礫撤去に行くのとは別れて、自分は街角ギャラリーの永守勝子さんの復興藍染の展示会の準備に行く。

津波被害に合った作品を救い出し、水洗いして多少色褪せがしたが、何とか展示出来る物に成り、街角ギャラリー最初の展示会開催にこぎ着けた。

50点程の中から 選び暖簾やタペストリーを壁に展示する。

殺風景なギャラリーの中が一変し、見事な作品の並ぶ展示場に成った。

19〜25日迄の展示会で即売も可能で被災した作品と言う事で、半値で渡すとの事、多くの人達に見て貰い買って貰えればと思う。

19日は昨日午後から手掛けた八幡地区の瓦礫撤去に行き、完了させた。

活動した所を完了させた達成感は非常に大きい。

明日はどんな活動だろうか?

連日の瓦礫山火災も漸く鎮火と成りそうで、消防団員の皆さんな御苦労様と大声で言って挙げたい。

最終処分が急がれるが………!?
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-19 20:02 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害派遣ボランティア山田町146日目

16日は朝から雨で待機状態だったので、32次隊出迎えを口実に午前中休み。

32次隊17名と顔合わせ後センターとキャンプ場シャワー室の案内説明。

午後31次隊からの継続作業で有る大沢地区の瓦礫撤去に入る。

雑草の繁茂している所でまたまた継続作業と成った。

17日はわかき保育園の園内清掃活動と絵本読み聞かせ活動で7名で入る。

玄関、廊下回りのガラス拭きと床掃除、10:00過ぎに園児達の用意が出来たので、絵本読み聞かせに移る。

三重からの提供絵本の中から、12月に園児達が遣る劇のお話に「おむすびコロリン」が選ばれ、その絵本を自分が読んだ。

下読みも無しでいきなりの本番読みだったのでかなり丁寧に読んだ所、園児達は真剣に聞いて呉れ、この様子だと回を重ねて行けば話の理解も進み、劇の成功に繋がれば良いな。

午後は大沢地区の継続作業に合流、そんなに広い宅地では無いが雑草が全面に繁茂している為、時間が掛かり継続作業と成って仕舞った。

明日は完了出来そうだ。

明日予定していた街角ギャラリーのお花講習会チラシのポスティングは講習生が満席と成った為中止と成り、瓦礫撤去活動に変更と成った。

瓦礫山の火災は未だにグレーの煙を方々から上がり鎮火の兆し未だ見えず、消防団の御苦労は大変だ。重機のオペレーターも煙と臭いで大変だ。

明日にでも鎮火して解放される様に願うのみだ。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-17 20:50 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害派遣ボランティア山田町144日目

b0204566_15335179.jpg

12日はわかき保育園で絵本読み聞かせを遣った。

園長から絵本読み聞かせの他園内の清掃作業も遣って欲しい旨望まれたので、次回にその準備をして来る事を約する。

午後は中央地区の瓦礫撤去に合流し、継続作業と成った。

13日は継続作業と成った中央地区の瓦礫撤去を遣り完了させた。

近くの山田幼稚園のバスが通りすがりに園児達が大声で「ケンさ〜ん」と叫んで呉れたのは嬉しかった。思わず両手を振って駆け寄って仕舞った。

14日は山田第二保育園で絵本読み聞かせを遣った。

園児達が年少組、年中組、年長組と別れて、それぞれ絵本読み聞かせ隊を待って居る状況で慌てて自分が年少組に行き読み手を遣る羽目に成った。

10人の園児達が見つめる中(だるまさんが)を精一杯身体を動かし陽気に盛り上げる。

見慣れない自分に緊張気味の園児達も、話の中に入って呉れ遊んで呉れ、(アンパンマン)の手遊びで盛り上がり、ハイタッチでバイバイする。

年長組を最後に紙芝居から絵本を一冊、時間も押して来たので、ジャンケン列車を遣り大騒ぎ後ハイタッチで終了。

一汗掻いた読み聞かせ活動と成った。

午後31次隊の帰路を見送り、山田事務所ミーティングで、ボラパックの今年度最終が11/18帰路と成る事が言われた。

自分もその時点で帰路に就く事に決め19〜20日に動く事にした。

瓦礫の仮置き場が出火しいぶり始めたのが10日、消防団の方々の消火活動の努力に効無く15日に成っても煙が出続けて居る。

重機で山を崩しながら水を掛け続けなければ成らず、24時間体制で遣って居る。

15mもの高さに成って居る瓦礫山の至る所からの煙で長期戦の様相。

最終処分方法を早期に決めないと、成らないが受け入れが決まったのは宮古市の瓦礫が東京都でとの一件のみで、他の岩手県内の瓦礫についてはまだ先が見えない。

復興と言っても解決しなければ成らない問題が多すぎる。

後方支援の自分としては何とも心安定を掻く日々が続いて居る。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-15 15:33 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害派遣ボランティア山田町141日目

b0204566_22412582.jpg

b0204566_224125100.jpg

b0204566_22412586.jpg

b0204566_22412561.jpg

10日は中央地区で瓦礫撤去を遣り少し残り継続作業と成った。

キャンプ場に帰ると直ぐに夕食の準備に掛かる。

メニューは舞茸ご飯と三平汁。

舞茸、牛蒡、蓮根、筍、人参、を軽く胡麻油で炒り醤油、酒、蜂蜜で下味を付けて、一升飯に入れ炊飯する。

鮭は二本を三枚に下ろし、一本の身をつくねに練り上げ、小麦粉と塩を練り込み、手で絞り小丸に、他の身とアラはぶつ切りにする。

大蒜、玉葱、人参、牛蒡、里芋、薩摩芋、筍、蓮根、を胡麻油で軽く炒り、水を足し
焼き豆腐、アブラゲ、鮭身、つくね、アラを入れ炊く。

浮いたアクをお玉で掬い、あらかた熱が通った所で、白菜のざく切りと長ネギと鮭の白子と酒を入れ、最後に麹味噌と塩で味を整えて出来上がり。

ご飯は一度炊き上がったらもう一度炊飯スイッチを入れて焦げ目を付けて出来上がり。

全員20名程に成り31次隊は弁当を食べて、舞茸ご飯も食べて大好評の末、舞茸ご飯と三平汁は綺麗に皆さんのお腹に収まった。

鮭を頂いた堀相さん、里芋と薩摩芋を頂いた管理人さん、鮭を裁いた三神さんに感謝。

11日はわかき保育園で絵本読み聞かせを遣り何時もの通り大好評。

みえボラパックも11/18迄継続が決まり、其れまで絵本読み聞かせが出来る事と成った。

午後は継続作業と成った中央地区の瓦礫撤去を完了させる。

12日は藍染の展示会チラシを500枚仮設住宅にポスティング。

午前中に終了し午後は八幡地区の瓦礫撤去、当然終わらず継続作業と成る。

バイクを吉里吉里のもりかまど迄走らせ、瓦礫撤去の依頼を川井キャンプの熊谷さんに話を継ぐ。

もりかまどの奥さんに依ると、大槌町役場の反応がイマイチとの事で、此処でも住民の声を上手く聞く事が出来ないで居る様だ。

川井キャンプさんが対応してくれそうなので、もりかまどの瓦礫撤去は近々ボランティアが入ると思うので一安心する。

本当の所自分が遣りたい位だ。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-12 22:41 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害派遣ボランティア山田町138日目

b0204566_2238758.jpg

b0204566_2238778.jpg

b0204566_2238764.jpg

山田町に5/20に入って以来初連休を取り、8日は絶好の洗濯日和と成り読書と日向ボッコでノンビリ。

9日は岩泉べこっこ祭りにバイクを駆った。

山道を70km、龍泉洞の町、岩泉、山深い山村の道の駅裏のイベント会場に多くの人達が参集。

山田町からかき小屋が出店、一番人気で行列が出来ていた。

蒸し焼きのかきを10個700円で求め、山田のかきを堪能、10月28日に再開する山田町かき小屋が楽しみだ。

松茸蕎麦も食し会場を後に、龍泉洞観光ホテルの温泉に立ち寄り、海岸ルートを帰り道とした。

キャンプ場に帰ると漁師さんからみえ隊にと鮭二本が届けられて居り、明日夕食に鍋で皆んなで食べる事と成った。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-12 22:38 | 沖縄県石垣島のほっくり生活  

三重県災害派遣ボランティア山田町136日目

b0204566_20154727.jpg

b0204566_20154799.jpg

b0204566_20154782.jpg

b0204566_20154757.jpg

b0204566_20154786.jpg

5日は大浦保育園と山田幼稚園で絵本読み聞かせ。

6日は船越保育園と若葉幼稚園と中央保育園で絵本読み聞かせ。

7日は山田第二保育園で絵本読み聞かせを遣った。

今週は各園か運動も終わり行事が一段落と云う所で、絵本読み聞かせの依頼が立て込み、30次隊の活動が大忙し、加えて読み聞かせ隊バージョンアップで枠付き紙芝居が装備され、拍子木も加わって演出効果抜群で盛り上がる事大なり。

若林事務局長が津から来られ、11月のボラパック継続が決定され、絵本読み聞かせも継続出来る事と成った。
[PR]

by kimama-tabi-ken | 2011-10-07 20:15 | 沖縄県石垣島のほっくり生活