第141日目

ウェザーニューズが午前中雨予報だったので動くのを止め温泉も止めにして1日読書、結局雨は落ちて来なかったがノンビリ一人だけのキャンプ場で過ごした。
[PR]

# by kimama-tabi-ken | 2014-10-10 17:06 | 四国お遍路  

第141日目

b0204566_18504517.jpg

b0204566_18504514.jpg

b0204566_18504594.jpg

b0204566_18504594.jpg

b0204566_18504529.jpg

滝沢温泉松の湯温泉に走る。
この旅で雫石の網張温泉の露天風呂の次に挙げられる温泉に出会った。
源泉井戸から2m程で浴槽に掛け流しで溢れて居る。
ナトリウム塩化物硫酸塩泉の源泉が変質する間も無く浴槽に溢れ、浴槽の周りは源泉成分が固まり薄茶色に成り、お湯は灰色に茶色の混ざった濁り湯、平成2年にボーリング涌出したとの事で51℃の源泉を地下水で温度を下げて居る。
入湯料金がなんと100円、今時信じられない。
お婆ちゃん(菅谷チエ子さん)が何も無い只浴槽に溢れて居るだけ、と云う素朴さ、すっかり虜に成り2時間程浸かっていたら、ご主人が余り長湯なので心配して声を掛けて呉れた。
日本ていいなあーと思える時間だった。
奥会津金山町 大塩で天然に涌出する天然炭酸水の井戸に行く。
地元保存会に護られた井戸がこの時期涌出量が少ないらしく、井戸の底に涌出水が見える。
やかんを落として汲み上げ一口、正に炭酸水、ちょっと苦味が有り炭酸の口当たりが市販の炭酸水とは違う、何か胃腸に良い効き目が有りそうな飲み心地です。
入れ物を持参しなかったので持ち帰りは後日にした。
河井継之助記念館が木曜日定休日だったが工事の人達が入っていたので見せて貰った。
戊辰戦争で長岡藩家老の河井は敗れ新潟三条から剣呑な山越えをして只見に来て会津藩に助力を求める迄も無く亡くなってしまった。
只見 金山地区の人達は河井を弔い現世まで記念館迄作りその人と成りを顕彰して居る。
司馬遼太郎の「峠」は河井継之助を記した物との由。
自分はまだ読んで居ないので是非とも読んで見たい。
テントに戻り、台風19号緊急避難の為炊事場にテントを移動、13〜14日に最接近予報なので、此処で緊急避難する事にした。
管理人さんも承諾して呉れ炊事場の屋根下にテントを張り、バイクま屋根下、これで14日迄の延泊決定。
[PR]

# by kimama-tabi-ken | 2014-10-09 18:50 | 四国お遍路  

第140日目

b0204566_19162315.jpg

b0204566_19162312.jpg

b0204566_19162345.jpg

b0204566_19162345.jpg

b0204566_19162321.jpg

凄く冷え込んだ、10℃は割ったと思う。
寒いので10Km先の別所温泉むら湯に走る。
深沢温泉むら湯と季の郷湯ら里が併設されており、湯ら里が宿、むら湯が立ち寄り湯に成っていた。
同じ源泉だが(塩化物硫酸塩泉)鉄分を含んでおり赤茶色の濁り湯だが、湯ら里の方は漉して透明のお湯にして居るそうで、自分は当然むら湯の濁り湯に浸かる。600円。
赤茶色の湯が掛け流しで溢れてこれぞ温泉と迎えてくれる。
一面の窓からは奥会津の山々が紅葉にはちょっと早いが青空と緑の山と田の黄金色とがそれは美しいとしか言葉の出ない景色が広がる。
十二分に浸かり温まり満喫して休憩室へ、牛乳を飲み読書、昼寝、帰る前にもう一度一浸かり、気温20℃走ると風が冷たい。
古本屋さんを見つけ入ると、文庫本五冊1200円のセール中、大沢在昌二冊、佐々木護、藤沢周平、岡田秀文の五冊を購入した。
テントに戻り夕餉の支度、会津坂下の道の駅で天のつぶと新米を買って来たのでそれを炊き、昨日残ったキノコ、豆腐、油揚げ、チンゲンサイ、ネギの味噌汁。
ご飯の水がちょっと少なめで固めに炊けたが美味しいご飯とキノコタップリの味噌汁、季節感タップリの夕餉と成った。
[PR]

# by kimama-tabi-ken | 2014-10-08 19:16 | 四国お遍路  

第139日目

b0204566_2092482.jpg

b0204566_209241.jpg

b0204566_2092494.jpg

b0204566_2092466.jpg

b0204566_209241.jpg

会津の里ユースホステルを7時に出立、会津鶴ケ城に立ち寄る。
二瓶の先祖は会津と云う事でお城には寄りたかった。
美しい天守閣がそびえ立っていた。
受付一番に入城し天守閣展望台迄登る。
戊辰戦争に敗れ天守閣は取り壊された後、士族達は九戸と下北に移賄されて苦渋の生活に負われた。
先祖達の苦労をしのび歴史に学ぶ。
「ならぬことはならぬのです」
只見川沿いの道を辿り14時に只見町青少年旅行村いこいの森キャンプ場にとおちゃこ。
取りあえず4泊2800円、台風19号の状況次第で11日以降が決まる。
只見温泉保養センターに走るが地震や土砂崩れで被害して温泉が無しとの事で残念ながら単なる銭湯。
でも奥会津には温泉が多く天気も良さそうなので走り浸かりに行こう。
道の駅でキノコを購入したのでキノコ汁の夕餉と成った。
[PR]

# by kimama-tabi-ken | 2014-10-07 20:09 | 四国お遍路  

第138日目

b0204566_18278.jpg

布団の中でぬくぬくと朝を迎え、外は雨、しとしと降り続いて居る。
テレビは台風情報のみ、事前の構えが良いのか大きな被害が出て居ない様だ。
スピードも60Km位迄早く成り列島から昼過ぎには離れた。
次の19号も来週同じ様なコースを辿る構えが見える。
御嶽山の災害も日時、曜日、天候、どれか一つでも状況が違っておれば結果被害が違ったものに……と思うと事前情報の無いアクシデントに対応出来るのは、経験、知識、それと幸運に恵まれるかに掛かって居る。
台風の事前情報を如何に生かすかで被害が結果違って来る。
旅をしていると天気、地理(道路状況)等にアンテナを高くして攻める所を決めるポイントを選んで居る。
とは言っても生かされて居る事には変わり無く継がりを大切に良き縁を継ぎ感謝を態度に、言葉に出来る事を喜べる自分で……と思って居る。
山口酒店経営の宿なので会津ほまれ1,8Lを買い夕食に一杯、おでん、鳥肉チュウリップ、冷や奴、が並ぶ。
久方振りの宿飯、美味しいです!
[PR]

# by kimama-tabi-ken | 2014-10-07 01:08 | 四国お遍路